よくある質問FAQ

一般歯科

General
虫歯の痛みがおさまりました。また痛くなったときに通えばよいですか?

一次的におさまっただけで原因が除去されたわけではありません。虫歯や歯周病に自然治癒はありませんので、一度歯科医院を受診することをおすすめします。

前の歯科医院で知らないうちに歯が抜かれていました・・・

当院では説明なく抜歯することはありませんのでご安心ください。また患者様が抜きたくない歯を無理に抜くこともありません。抜歯に限らず、治療方法のご説明をして患者様に納得いただいたうえで治療を進めていきます。

歯周病治療

Gumdisease
歯周病治療ってどんなことをするのですか?

歯石の除去、ブラッシング指導から始まり、歯周病の進行状況によって必要に応じて、麻酔をしての歯ぐきの中の歯石の除去、重度の場合は失われた歯槽骨の再生治療を行うことがございます。

詳しくは歯周病ページをご覧ください。

タバコはやめたほうがよいですか?

必ずしもタバコが原因で歯周病になるわけではありませんが、タバコを吸うと歯周病治療後の治癒が遅れたりすることがあります。出来ればおやめになっていただくことが、健康への近道かと思います。

どうすれば歯周病を防ぐことができますか?

毎日の歯ブラシはもちろんのこと、定期的な歯科医院での専門的なケアをおすすめします。定期検診にお越しください。

予防歯科

Preventive
定期検診ではどのようなことを行いますか?

虫歯の有無や噛み合わせ、入れ歯などの不具合チェック、歯周病の定期検査により進行度や変化をチェックし、そのうえで歯石の除去やブラッシング指導を行わせていただきます。必要に応じて治療も行います。

定期検診はどれくらいのペースで通えばよいですか?

歯周病の進行度や全身疾患の有無、お口の中の状態などによりますが、おおむね3~6か月に1回となります。

しっかり歯磨きをしていれば定期検診に通わなくてもよいですか?

ご自身では磨けていると思っていても磨ききれないところがどうしてもありますし、歯石になってしまうとご自身の歯磨きでは取ることができないので歯科医院での定期検診・クリーニングをおすすめします。

また、歯周病は慢性疾患のためご自身では気づきにくく、自覚症状がなく進行がどんどん進んでいってしまいます。歯ぐきが腫れる、血が出る、痛みが出てきたなど自覚症状が出たときにはかなり進んでしまっている場合がございますので、定期検診にお越しください。

審美歯科

Cosmetics
セラミック治療のメリットは何ですか?

見た目の改善、審美的な改善はもちろんですが一番のメリットは汚れがつきにくくお手入れがしやすいことです。精度も高いので綺麗に仕上がりますし、保険のプラスチックとは違って変色も少ないのも特徴です。

また金属と違って生体親和性に優れ(歯ぐきに優しい)、経年的な歯肉退縮を防ぐことができます。

ホワイトニングの白さは後戻りしませんか?

おおむね半年から1年で後戻りしますので、一度白くなったからといって、永久に白いわけではありません。定期的なメンテナンスが必要となります。

矯正歯科

Orthodontics
どのような矯正治療を行っていますか?

当院では日本矯正歯科学会の臨床指導医を含む矯正医が4名在籍しておりますので、様々な症例の矯正治療のご対応が可能です。

3歳からの小児矯正治療から成人治療まで幅広く行っておりますし、1本だけ治す部分的な見た目の改善(部分矯正)から全体矯正まで行っております。通常のワイヤー矯正、見えない裏側矯正、インビザラインなどのマウスピース矯正まで幅広い矯正治療に対応しております。

矯正治療は何歳ぐらいからがよいですか?

受け口など反対咬合などの治療は3歳から行う場合がございます。一生涯歯並びが悪くなると予想される場合の予防矯正は、小学校に入ってからスタートする場合がございます。歯並びが気になる場合、お早めのご相談をおすすめします。

矯正治療では歯を抜かなくてはいけませんか?

必ずしも歯を抜く必要はありません。レントゲン撮影や口腔内写真、歯型を採ったり綿密な検査を行ったうえで、抜く必要があるのかの検査・診断をしていきます。

口腔外科

Oralsurgery
親知らずは抜いた後も痛いですか?

生え方にもよりますが、基本的には抜いた後、全く痛みがないということはありません。 通常は痛み止めの服用で治まる程度の痛みです。

親知らずは必ず抜いたほうがよいですか?

そのようなことはありません。症状がない場合や生え方によっては抜かないほうがよいケースもございます。

小児歯科

Kids
何歳から診療が可能ですか?

当院では乳歯が生え揃う2歳くらいからですが、お子さんによって治療ができる年齢は変わってきます。当院では、押さえつけてなどの無理な治療(抑制治療)は行っておりません。その子の成長にあわせてトレーニングをしながら、治療ができるようになってから進めていきます。

乳歯はむし歯になりやすいのでしょうか?

乳歯は永久歯と比べて水分量が多いため、虫歯になりやすいです。また、真ん中から数えて4番目と5番目(DとE)の間は咬む力(咬合力)が強くかかるため、よく磨けていても、噛み合わせの力によって亀裂が入り虫歯になりやすいです。

子供が歯医者さんを怖がるのですが・・・

当院では無理に口を開けさせたりして治療をすることはありません。出来るようになるまで歯ブラシの練習や、使う器具などの練習からさせていただいておりますのでご安心ください。

インプラント治療

Implant
インプラントは痛いですか?

インプラント手術は麻酔下で行うため術中に痛むことはありません。術後は通常麻酔が切れて手術当日から2~3日間痛むことがありますが、鎮痛剤の服用で治まる程度の痛みとお考え下さい。

インプラント治療の治療期間はどれくらいですか?

通常の場合約3か月です。骨造成を伴う場合は半年から1年近くかかる場合もございます。

インプラント治療は誰でも受けられますか?

全身疾患の有無やお口の中の状態によって治療できないことがございます。重度歯周病の患者様、プラークコントロールのできていない患者様にはインプラント治療が行えないことがあります。

また歯が抜けてから時間が経ち骨が痩せてしまっている場合にも出来ない場合がございます。

インプラント治療後は通院しなくても良いのですか?

インプラント治療後は定期検診・メインテナンスがとても重要です。治療終了後は3か月~6か月に一度の定期検診・メインテナンスに通っていただきます。

義歯(入れ歯)

Denture
保険と自費の義歯の違いは何でしょうか?

型を取る材料から、作り方まですべてが違います。自費の場合は自由設計となりますので、患者様のご要望に合わせて精度の高い義歯を作ることができます。

義歯だと気づかれたくないのですが・・・

当院では目立ちにくいワイヤレスの義歯をお作りすることが可能です。(自由診療)

今使っている義歯が痛いのですが、どうしたらよいですか?

入れ歯の調整で改善する場合もございますし、新しく作り直すことで改善することもありますので一度ご相談にお越しください。