気が付かない内に進行する「歯周病」

気が付かない内に進行する「歯周病」

歯ぐきに炎症を起こし、歯槽骨にダメージを与える歯周病。
日本人の歯が抜けてしまう原因の第一位にもなっている歯周病を防ぐには、その原因を知ることが大事です。
歯周病は「静かなる病気」と呼ばれ患者様自身全く気が付かない内に進行してしまいます。気づかない内に症状がひどくなり、重度になると歯を失う原因にもなってしまいます。 また、糖尿病や心筋梗塞といった全身疾患との関連性も近年いわれています。
歯周病になってしまうリスクを知り、歯周病から身を守りましょう。

原因その1

歯周病を引き起こすのは、お口のなかに潜んでいる歯周病菌。
歯周病菌に一度感染してしまうと、完全に除去するのはとても難しいのです。
毎日のホームケアを徹底し、歯周病を予防しましょう。

原因その2

生活習慣病やストレス、不規則な生活などは歯周病を促進してしまいます。
リラックスする時間をつくるなどから始めていきましょう。

原因その3

 歯周病専門医とは

糖尿病などの病気に罹患していると歯周病になりやすいとされています。又、歯周病に罹患していると糖尿病を悪化させるという事も言われています。
糖尿病を患っている人などは、歯科医院での定期的な歯周病検査と毎日のホームケアを忘れずに行うようにしましょう。

歯周病の進行状態とその症状

歯周病は進行状態により症状が異なります。もちろん進行すればするほど治療には
時間がかかるので、早めにご来院ください。

1.初期歯周病(歯肉炎)

1.初期歯周病(歯肉炎)

歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。
歯が浮く感じや、口の中がネバネバする、ブラッシングの際や、硬いものを食べると出血することはありますが、自覚症状はほとんどありません。

2.第二段階(歯周炎第1~2度)

歯肉が腫れ、歯周ポケットが深まっています。歯を支える顎の骨に毒素がダメージを与えることもあります。

3.最終段階(歯周炎第3~4度)

3.最終段階(歯周炎第3~4度)

プラークが歯石になり、大きくなると、歯根膜が溶け歯肉溝のなかにも広がってきます。
歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。
炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。 
症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき、歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時ウミが出るようになります。
その状態を一般に歯槽膿漏といいます。

歯周病の検査で歯を守ろう

歯周病は自覚症状に乏しく、症状が出た頃にはかなり進行しているというケースが多くあります。
そこで大事になってくるのが、定期的な歯周病の検査です。当院では歯周病検査を行っていますので、お気軽にご来院ください。 ※歯周病の検査方法
頬側と舌側、合計6ヶ所の歯周ポケットを計測します。歯根の状態、出血の有無、歯のグラつきなどをチェックします。またすでに歯周病にかかっている場合は、歯周病の進行状態もチェックします。

重度の歯周病も治療します

重度の歯周病になってくると、ダメージは歯ぐきだけに留まりません。
歯を支える顎の骨も溶かしてしまいます。ですが、治療に「遅すぎる」ということはありません。
当院では重度の歯周病治療も行っています。溶けてしまった歯槽骨も再生治療(GTR法やエムドゲイン(R)法、骨移植)により回復させます。歯周病でお悩みの方は一度ご相談ください。

お口の健康で何かお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください
診療時間

休診日:火曜日

電話 電話 サプラファミリー歯科
症例紹介
オールセラミックメタルセラミックス 診療案内 ドクターコラム
一覧へ

PAGE TOP