小児歯科専門医による安心の治療

小児歯科専門医による安心の治療

小児歯科治療が必ずしも小児歯科専門医でなければ出来ないわけではありません。 ですが「小児歯科専門医」は一般社団法人日本小児歯科学会から一定の基準以上の高度な小児歯科に関する知識と治療技術を持っていると認定された歯科医師にのみに与えられる資格です。 お子様の歯を守るための特別な訓練を受けており、安心して治療を受けて頂きます。

小児歯科治療について

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布し、歯質を強くすることで、むし歯になりにくくする処置です。フッ素塗布は歯全体の予防処置です。後述のシーラントと合わせて処置を行っていくことにでむし歯の予防効果は高くなります。 ■注意点
1回約10分。(塗布する歯の本数により変わります)
年に約3~4回程度行うと効果的な予防ができます。(むし歯になりやすいお子様の場合は月に1回をお勧めします)
フッ素は予防処置ですので、これを行ったからといって必ず虫歯にならないというわけではありません。ご家庭では保護者の皆さんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ食生活の環境を改善していってください。

シーラント

シーラント

シーラントとは咬合面と呼ばれる奥歯の噛み合う面にできるむし歯の予防法です。
あらかじめ、接着力のあるプラスチックでむし歯になりやすい奥歯の溝をシールして(埋めて)しまいます。
このプラスチックはむし歯治療時、削った部分に詰めるものと同類の「レジン」という材料です。しっかりと埋めていれば、むし歯になりにくいという考えです。 このレジンは時間の経過とともに、はがれてしまうことも考えられますが、短期的にはしっかりと詰めておけばそれなりの効果があります。
生えたばかりの奥歯の永久歯は特にむし歯になりやすいので、この方法は有効です。

■注意点
きちんとブラッシングして、シーラントがしっかりと接着しているかなどの定期健診を受けることをお勧めします。
他にもフッ素塗布を活用したり普段の食生活でも注意して総合的にケアすることが大切です。

お口の健康で何かお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください
診療時間

休診日:火曜日

電話 電話 サプラファミリー歯科
症例紹介
オールセラミックメタルセラミックス 診療案内 ドクターコラム
一覧へ

PAGE TOP